突然、SMBCモビットが借入できない!利用停止の理由と解除方法を解説!

突然、モビットが借入できない!

mikasa_ico

モビットを利用していると、突然、利用停止状態に陥ることがあります。

慌てて会員ページ「Myモビ」にログインするも、利用限度額は0円の表示…

ハッキリ言って突然の出金停止ほどショックなものはありません!

ということで今回の記事では、急にモビットが借りれなくなった人に向けて、利用停止の理由と解除方法について解説したいと思います。

原因 その1月に何度も追加借入、限度額まで借りては返すなど利用状況が好ましくないと判断されてしまった為

月に何度も借入したり、限度額まで借りては返すなど、利用状況が思わしくない

実は多くの人が引っ掛かってしまっているのがこのパターン。
モビットに限ったことではありませんが、「カードローンは限度額の範囲内であれば、いつでも自由に繰り返し利用することが出来る」と言いつつも…

実は、それが過剰だと判断された場合には、利用を停止されたり、限度額を下げられてしまうことがあるのです。

特に、月に何度も1万円単位でチョロチョロとお金を引き出したり、限度額まで到達しては少し返す、というような行為を行っている人は要注意。

何故なら、過去の統計データから、そういった無計画な利用する人は、貸倒れに陥りやすいということをモビット側も分かっているため利用停止になる可能性が高いのですね。

利用停止の解除方法、復活方法

モビット側からリスクのある顧客だと判断されている以上、信用が回復するまでは利用再開は望めません。

3ヶ月程度は新たな借入を控え、返済に専念することです。

フリーコールに電話をかけ、「利用再開について担当者と交渉してみる」のも1つの手ですが、その前提としてやはり実績(利用を控え、真面目に返済を積み重ねたという実績)は必要になってくると言えます。

復活まで待てない、という場合は?

あくまでも、モビットとの間で一時的に信用が落ちているだけなので、他社への新規申込であれば審査に通る可能性があります。

延滞などを起こしていない場合は信用情報も綺麗なままなので、さらに通りやすいです。

どこのカードローン会社も新規のお客は欲しいのですから、枠の復活が待てない方は申込んでみるのが良いでしょう。

通るかどうか、審査が心配な場合は、コチラのカードローンの中から候補を選んでみて下さい。

原因 その2短期の延滞を繰り返したことで信用が低下した為

モビットでの短期延滞

こちらのパターンに当てはまっている人も多いです。

ズバリ、2・3日程度の延滞をたった1度したぐらいで利用停止にはなることはありません。

ですが、複数回に渡って延滞を起こしていたり、初めての延滞であっても10日や2週間を超える延滞を起こしてしまった場合には、それが原因で借入できなくなることがあるのですね。

利用停止の解除方法、復活方法

方法としてはこれしかありません!

現在借りている金額を全額返済する。

ただし、全額を返済したら「自動的に枠が復活する」という訳では無いので注意して下さい。

何故なら、意図的にモビット側に借入を止められている為、それを解除するには、改めてモビット側の内部審査にパスする必要があるからです

その審査で問題がなければ、晴れて枠の復活となります。

復活まで待てない、解除が期待できない場合は?

延滞を起こしたといえども、信用情報がブラックになるまでの長期の延滞ではないので、他社への申込みであれば通る可能性があります。

というのも、短期の延滞を起こした場合には、下記の資料にあるように信用情報の入金欄に「Aマーク」を付けられるのですが、その「Aマーク」をどう判断するか?は各カードローン会社の自由だからです。

SMBCモビットの信用情報

つまり、「Aマーク」が1個でも付いていたらアウトのところもあれば、2・3個の「Aマーク」であれば審査に通すところもある、ということです。

当然、審査にパスする為には、Aマークについての判断が寛容なところを選ぶ必要がありますよね。

具体的には、やはりモビットとライバル関係にある消費者金融の中から選ぶべきでしょう。

逆に、銀行系は厳しいですよね。

なお、お勧めはココココの2社になります。

原因 その361日を超える長期延滞など重大な信用事故を起こしたため

残念ながらこの場合は問答無用でアウトになります。

ズバリ、二度とカードが復活することはありえないですし、そのままモビットから強制解約されてしまいます。

しかも、61日を超える延滞は信用情報でいうところの「ブラック事故(異動情報)」ですので、他社にも信用情報機関を通して事故情報が共有されることになります。

そうなると、他社のクレジットカードやカードローンも利用停止になってしまいますし、最悪の場合は強制解約にも…。

しかも、一旦、信用情報に異動情報が載ってしまうと、完済しても5年間は情報が残り続けるため、その間は、いかなるローンもクレジットカードも、一切、審査に通らなくなってしまうのですね

ちなみに、スマホの分割購入の審査ですら通らなくなります。

原因 その4定期の「途上与信」にてリスクありの顧客と判断されてしまった為

途上与信

審査を行うのは最初の申込時だけではありません!

契約後も定期的に信用情報を取り寄せるなどして、この人との契約を継続しても大丈夫か?の審査を行っているのですね。

ズバリ、それを専門用語で「途上与信」だったり「モニタリング」と呼ぶのですが、この途上与信の審査に引っ掛かり、借入できない状況に陥ってしまうのがコチラのパターンになります。

気になるのは、途上与信では一体何を審査されているのか? という点ですが、一般的には以下の項目をチェックしていると言われています。
  • 他社にて延滞は起こしていないか?
  • 総量規制に引っ掛かってないか?
  • 他社にて増額申請は行っていないか?
  • 他社にて新規契約を行っていないか?

他社にて延滞は起こしていないか?

他社での延滞が原因

信用情報を取り寄せ、他社にて延滞を起こしていないか?を定期的にチェックしているのですね。

もしも他社にて延滞を起こしていたら?

延滞の度合いにもよりますが、モビット側が危険だと感じた場合には、融資が止められることになります。

総量規制に引っ掛かってないか?(年収の3分の1以上借りていないか?)

総量規制に引っかかった

モビットは、銀行が発行しているカードローンではないため、総量規制の影響を受けます。

具体的には、年収の3分の1を超える額をユーザーに貸し付けることが出来ないのですね。

しかも、年収の3分の1を数える際はモビットだけではなく、他の消費者金融などからの借入額も合算して計算する必要があります。

その為、定期的に信用情報を取り寄せ、他社での借入額や限度額を確認し、総量規制に引っ掛かってないか?をチェックしているのですね。

その際、総量規制に引っ掛かってしまっている場合には、残念ながらカードはその時点で利用停止に。

まだ引っ掛かってはいないが、引っ掛かりそうな場合にも、利用限度額を下げるなどの調整が入ることになります。

他社にて増額申請は行っていないか?

他社への増額申請

特に最近、要注意なのがこの項目。

というのも、増額申請を行う人は、「お金が足りてないから増額申請を行っている=お金に困っている」というように認識されてしまうからです。

なので、増額申請の履歴が多い人ほど、途上与信では不利になるのですね。

もちろん、増額申請の履歴が1つでも残っていたらアウトということはありませんが、他の項目なども含め総合的にチェックし、リスクが高いと判断された場合には、利用停止となってしまいます。

他社にて新規契約を行っていないか?

他社への新規申し込み

これも増額申請の考え方と全く同じ考え方ですね。

「他社に新規申込をしている人はお金に困っている」と解釈をすることが出来るため、信用情報に他社への申込み履歴が沢山残っている人ほど、途上与信が不利になってきます。

信用情報を取り寄せれば、その人がいつ増額申請を行ったのか? いつ何社に対して新規申込をしたのか?が分かるため、一気に3社・4社に申込んだという人はそれだけで相当怪しまれてしまうのですね。

途上与信に引っ掛かった場合の復活方法

途上与信に引っ掛かった場合の復活方法

他社での延滞が原因で出金停止になっている場合は、とにかく他社での延滞を解消することが何よりも重要になってきます。

もちろん、モビットにて延滞しないということは大前提。

総量規制に引っ掛かっている場合には、規制に引っ掛からないラインまで借入額を下げるか、収入を増やすかのどちらかになります。
増額申請や他社への新規申込が原因の場合は、それらの申込みを半年間は控え、モビットの返済に専念することが求められます。
ただ、いずれにも共通することですが、復活には、やはりそれなりの時間を要します。

利用停止からの復活には時間がかかる

例えば、総量規制に引っ掛からないラインまで借入額を下げると言っても、2・3日で実現できるものではなく、コツコツと数ヶ月に渡り返済を積み重ねるていくことが必要になってきますよね?

また、増額申請や新規申込の件数、延滞…などが原因で出金停止になっている場合も、地道に返済を積み重ね、信用を回復していくことが求められます。

たった1ヵ月間利用を控えたから…真面目に返済したから…といってすぐに回復するとは考えにくいですよね?

やはり最低でも3ヶ月~6ヶ月の期間をチェックしないと、改善されているかどうかは分かりません。

それぐらい、一度失ってしまった信用を取り戻すのは大変なのです。

復活が期待できない場合は?

他社で延滞しまくっている場合や新規申込や増額申請を行いまくっている場合には、信用情報が汚れているので難しいですが、

それ以外の場合であれば、他社への新規申込が通る可能性があります。

総量規制に引っ掛かってしまっている人でも、銀行系のカードローンであれば総量規制は関係ないので年収の3分の1を超えて借りることも可能です。

実際に年収の3分の1以上を借りている人も多数おられますよ

ただし、どこに申込んでもOKという訳ではありません。

やはり、信用情報が多少なりとも汚れている可能性があるので、申込先は慎重に選ぶ必要がありますね。

個人的には、コチラの3枚がお勧めです。

原因 その5電話番号や住所、勤務先情報などの変更届が未提出の為

電話番号や住所、勤務先情報などの変更届が未提出

住所や電話番号、勤務先情報など、モビットに申請してある登録情報。

これらに誤り(変更の届け出が無い)があることが判明した場合は、その時点でカードは即刻、利用停止となってしまいます。

ネットには、うっかり忘れていただけなのに、それで利用停止するのはいかがなものか?と主張する人が居ますが、それはちょっと認識が甘いです。

カードローンというものは、その人の信用をもとにお金を貸し借りする契約になります。

つまり、その人のことが信用が出来るからこそお金を貸すのであって、信用が出来ない人には怖くてお金を貸したくないのですね。

具体例を挙げて説明しましょう。

知り合いから20万円を貸して欲しいとお願いされ、あなたは、それを承諾したとします。

ある日、返済に関して確認したいことがあり知人に電話をしたところ、「現在この電話番号は使われていません」とアナウンスが流れる…。

まさか、と思い自宅を見に行ってみると、そこには誰も住んでいない…。

聞いていた勤務先に連絡するも「もう辞めてますよ。」なんて言われたとしたらどうでしょう?

そんな人、信用できるでしょうか?

追加でお金を貸してくれと言われて、貸せるでしょうか?

要は、これと似たような状況を作ってしまっているのですね。

お金を借りている状況において、電話番号や住所、勤務先が変わっているのに伝えないというのは、相手に大きな不安を与える行為。

だから、連絡先等が不明になった時点で融資は即刻でを停止するのですね。

ひとことで言うと…誰も「居どころ不明」な人にはお金を貸したくないのです。

利用停止の解除方法

解除方法としては、「正しい情報を届け出る」。

これしかありませんよね。

他の点に問題点がなければ、出金停止は解除されると言えます。

原因 その6収入証明書の提出に応じなかった為

収入証明書が未提出の為、借入できない

モビットをはじめとした消費者金融は、顧客が年収の3分の1以上借りないよう、顧客の借入と収入を把握するように国から義務付けられています

その把握に関して…

「借入額」については、信用情報を取り寄せれば簡単に把握することが出来ます。

ですが、「収入」についてはどうでしょう?

実は収入の把握は、そう簡単では無いのですね。

何故なら、信用情報を取り寄せても、そこには収入の情報は載っていないからです。

ではどうすれば顧客の収入を確認することが出来るでしょうか?

ズバリ、収入については、顧客から収入証明書を提出してもらわないことには把握することが出来ないのです。(給料明細や所得証明書、納税証明など)

だから、モビットは顧客に対し収入証明書の提出を求めるのですが、求めたにも関わらず提出が無かった場合には、モビットはどうしないといけないでしょう?

ズバリ、顧客の収入を把握することができないため、融資を停止せざるを得ないのですね。

もしも、年収の3分の1以上貸してしまった場合には、モビット側が国から行政処分を受けることになります。

だから、貸したくても、モビットとしては融資を止めるしか無いのですね。

収入証明書の未提出が原因で借入れできない場合の解除方法

ズバリ、収入証明書を提出する以外に解除方法はありません。

出金停止になる前にモビットから収入証明書の提出を要請するメールや電話があったはずですから、再度、内容を確認後、提出ですね。

原因 その7その他、カードの磁気破損、ATMの取扱い時間外の為

カードの磁気破損、ATMの取扱い時間外の為

一定数おられるので解説しておきますね。
まずはカードの磁気破損。

モビットに限らず、カードの磁気部分が破損してしまうとカードが正常に読み取れず、それが原因で借入できなくなってしまうことがあるのですね。

コンビニATMなどでキャッシングができず、「まさか利用停止になってしまったのでは?」と焦ってしまう人が多いですが、そういう場合は「Myモビ」にログインしてください。

ご利用限度額が0円になっていなければ大丈夫です。

もう1つは、ATMの取扱い時間外。

モビットはアコムやプロミスとは異なり、自前のATMを持っていません。

なのでキャッシングする際は、振込かコンビニなどの提携ATMを利用するしかないのですが、提携ATMには定期的なメンテナンスの時間があり、その時間帯についてはお金を借り入れることが出来ないのですね。

例えば最もメジャーなセブン銀行の場合は、土日祝・平日に関わらず毎日23時50分~0時10分の20分間についてはメンテナンスの為、借入することが出来ません。

復活方法

ATMの取扱い時間外の場合は、その時間をさける。

カードの破損については、少し時間と手数料がかかりますが再発行を申請することになります。

どうしても今すぐ借入したい場合は、振込キャッシングの利用ですね。

どちらもMyモビで申請することが可能です。

ブラックじゃないけど借入を止められてしまった!復活まで時間がかかる!という人へ!

復活が難しい場合に、お勧めできるカードローン

あくまでも、モビットとの間でのみ信用が落ちているだけなので他社の新規申込であれば審査に通る可能性が十分あります。

その際、自由にカードローン会社を選んでもらっても良いのですが、気を付けなければいけないのは、審査の難易度

ズバリ、審査が不安な人は、モビットとライバル関係にある消費者金融系のカードローンから選ぶのがお勧めです。

というのも、ライバルからすれば、モビットの審査に通っているという安心感もありますし、モビットから乗り換えてもらうチャンスでもあるので積極的な審査が行われやすいからです。

審査・スピード・無利息の3拍子が揃うカードローン

プロミス

プロミス

「審査に通るかが心配…」
「ここで失敗するわけにいかない!」

そんな人の第一候補にしてもらいたいのがプロミスです。

やはり、審査の通過率を考えた場合、選ぶべきは銀行のカードローンではなく大手の消費者金融。(プロミス・アコム・アイフル・モビットなど)

その中でも最もお勧めなのがプロミスなのですね。

何故なら、審査・スピード・無利息の3つ全てが揃っているカードローンは、他にはなかなか無いからです。

なお、審査が不安な方は、借りれるかその場で分かる「簡単3秒お借入診断」(←コチラ)をやってみてください。

名前などの個人情報を入れる必要もなく、借入可能かが3秒で分かります。

女性専用の窓口も用意されているので、女性の方も申込みやすいのもプロミスの良い所です。

即日融資もメチャ強いですしね。

当然、初めての借入なら30日間無利息♪

主婦や学生でもバイトやパートで安定収入があれば申込みOKというのも良い点です。

審査通過率 ★★★★★ お勧め
融資スピード ★★★★★ 業界最速レベル。審査最短30分。借り入れまで最短60分。即日融資といえばプロミスと言われるほど有名!
無利息サービス ★★★★★ 初めての人に限り30日間無利息!

※女性の方にはレディースプロミスがお勧め♪

家族に内緒で利用したい人誰とも会いたくない人は「WEB完結申込み」を選択して下さい。

全ての手続きがネット完了するため来店する必要が無いのです。

さらに、明細書やカードの自宅送付が無いので、家族にバレずに利用することが出来ます♪

WEB完結申込みはコチラより。

プロミスと甲乙つけがたいのがアコム!

アコム

プロミスの次にお勧めなのが、こちらのアコムです。

ただし、ハッキリ言って、アコムとプロミスにはそれほどの差はありません。

若干、プロミスの方が金利が安いこと、それから女性専用の窓口を置いているところが評価されているポイントですね。

もちろんアコムも即日融資にも強く、30日間の無利息制度も用意してくれています。

なお、アコムにも3秒診断があるので、審査が不安な方はやってみてください。

「簡単3秒お借入診断」(←コチラ)

アコムとプロミスの両方で診断をやってみて、結果を見てどちらを選ぶというのもありですね!

その他、アコムの場合は、カードローンに「クレジットカード機能」を付けることが出来るのも特徴の1つ。

クレジットカードが止まってしまった場合にもサブのクレカとして使用することが出来ます♪

もちろん、アコムも主婦や学生でもバイトやパートで安定収入があれば申込みOKです♪

審査通過率 ★★★★★ お勧め
融資スピード ★★★★★ 業界最速レベル。審査最短30分。借り入れまで最短60分。即日融資といえばアコムと言われるほど有名!
無利息サービス ★★★★★ 初めての人に限り30日間無利息!
※一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです。
サブコンテンツ

本サイトは、キャッシング及びカードローン商品等の情報提供を目的としております。各金融事業者との契約締結における代理や媒介、斡旋をするものではありません。

本サイトを運営している株式会社エコスマートは保険代理店業であり、各ローン商品に関するご質問については、内容により回答できかねます。商品やサービス等に関するご質問は、各金融事業者へ直接お問い合わせください。

本サイトは、他の事業者との情報掲載の提携(当該事業者への公式サイトへのリンクを含みます)に基づき、各ローン商品に関する情報を掲載しています。これらの情報に関しましては、その最新性の確保に努めており、情報更新に万全を期していますが、情報の最新性を保証するものではございません。

本サイトに関し、利用者と第三者との間で紛争、トラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、株式会社エコスマートは一切の責任を負いません。

金融商品のお申し込みについては、ご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。

株式会社エコスマート
  • 生命保険 代理店登録番号 04FCAAC012153
  • 損害保険 代理店登録番号 21725019074
  • 少額短期保険 代理店登録番号 035015002329

このページの先頭へ