楽天カードの延滞料金支払後の利用再開はいつから?楽天に聞いてみた

mikasa_ico

楽天カードを延滞した際に気になるのが、料金の支払後、いつから利用再開となるのか? という点。

ところが、ネットで調べてみるもサイトや人によって言ってることがバラバラ。

どれが本当か分からない状況だった為、今回、楽天カードに問い合わせてみることにしました。

ズバリ、結論から言うと、支払方法によって利用再開までの日数は異なるという結果に。

「自動振替」、「銀行振込」、「コンビニ払い」によって復活までの日数が微妙に異なるため、それぞれ分けて解説します。

ただし注意してもらいたいのは、いくら料金を支払っても復活しない場合もあるということ。

ズバリ、延滞の頻度が高い場合や延滞の日数が長い場合には、料金を支払っても復活しないことがあるのですね。

その原因と対処法については、以下の記事にて解説しているので気になる人はチェックして下さい。

パターン1自動振替による支払い

楽天カードを滞納した際、下記の再振替サービスに対応している金融機関を指定口座にしている場合には、合計で5回の自動再振替が実施されます。

この再振替サービスに「対応している金融危機関」と「再振替のスケジュール」については、以下の通り。

なお、気になる利用再開のタイミングですが、楽天銀行の場合は当日~翌日、楽天銀行以外の場合は、通常2~4営業日後となっています。

再振替サービス対応の金融機関
楽天銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、北海道銀行、北陸銀行、横浜銀行、千葉銀行、広島銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、常陽銀行、肥後銀行、八十二銀行、ゆうちょ銀行

再振替のスケジュール

何回目? いつ? 備考
1回目 27日の20時 楽天銀行のみ実施
2回目 1営業日目
3回目 2営業日目
4回目 3営業日目
5回目 4営業日目

注意点は2つ。

まず1つ目は、27日(本来の支払日)の20時に実施される再振替は、楽天銀行限定のサービスとなっている点。

2つ目は、ゆうちょ銀行の場合は最終の4営業日のみに再振替が実施される点。

つまり、1営業日目~3営業日目については、再振替は行われないのですね。

パターン2銀行振込による支払い

再振替サービスに非対応の金融機関を使用している場合、次に説明する「コンビニ払い」と「銀行振込」のどちらかで料金を支払う必要があります。

気になる銀行振込の場合の利用再開はいつからか?ですが、こちらは入金確認日当日~4営業日後となっています。

ポイントは、あくまでも入金確認日が起点となっている点。

つまり、「振込を行った日=入金確認日」とはならないので注意が必要です。

要は、振込のタイミングによって入金確認日が当日になるのか?翌日になるのか?が異なってくるのですね。

具体的な入金確認日については、下記の表にまとめておいたので参照なさってください。

振込のタイミング 入金確認日
平日の14時59分以前 当日
平日の15時以降 翌営業日
土日祝 翌営業日

振込みから利用再開までのスケジュールについて、具体例を出すと・・・

3月1日(水曜日)の14時に振込みを実施した場合、入金確認日は、当日の3月1日。

利用再開は入金確認日の当日~4営業日後なので、3月1日(水曜日)、3月2日(木曜日)、3月3日(金曜日)、3月6日(月曜日)、3月7日(火曜日)のいずれかになると言えます。

パターン3コンビニ払いによる支払い

楽天カードを滞納した際、複数回に渡って再振替が行われるのは説明した通りですが、その再振替でも料金を支払わなかった場合やそもそも再振替の対象金融機関を使っていない場合にはどうなるのか?というと・・・

ズバリ、楽天からコンビニでの支払い機能付きの「督促ハガキ」が送られてくることになります。

その督促ハガキにて支払うというのがコチラのパターン。

ズバリ、コンビニ払いでの利用再開はいつになるのか?というと、入金確認日の当日~4営業日後となっています。

こちらもあくまでも起点日は入金確認日となっている点に注意。

では、コンビニ払いの入金確認日はいつになるのか?ですが、こちらは翌営業日となっています。

銀行振込のように15時以前か15時以降かは関係なく、一律で支払日の翌営業日となっているのですね。

具体的なコンビニ払いから利用再開までのスケジュールについては以下の通りです。

3月3日(金曜日)の20時にコンビニにて支払い。

土日を挟む関係上、入金確認日は、翌営業日の3月6日(月曜日)。

利用再開は入金確認日の当日~4営業日後なので、3月6日(月曜日)、3月7日(火曜日)、3月8日(水曜日)、3月9日(木曜日)、3月10日(金曜日)のいずれか、ということになります。

支払い後も利用枠が復活しない人へ

冒頭でも説明した通り、いくら入金しても過去に複数回延滞をしている場合や今回が初の延滞であっても2週間以上の滞納である場合には、楽天カードが復活しない場合があります。

具体的にはマイページ(楽天e-NAVI)にログイン後、エラーコード1やエラーコード2が表示される場合は、間違いなくその状態に陥っていると言えます。

要は、楽天カード側からリスクのある顧客であると認識されてしまった為、カードの利用に制限がかけられているのですね。

その状態に陥ってしまった場合にはどうすれば良いのか?

コチラにて原因と復活方法を説明していますので、気になる方はチェックしてみてください。

なぜ楽天カードが利用停止や強制解約に?理由と解除方法を徹底解説!

関連して良く読まれているページ

サブコンテンツ

本サイトは、キャッシング及びカードローン商品等の情報提供を目的としております。各金融事業者との契約締結における代理や媒介、斡旋をするものではありません。

本サイトを運営している株式会社エコスマートは保険代理店業であり、各ローン商品に関するご質問については、内容により回答できかねます。商品やサービス等に関するご質問は、各金融事業者へ直接お問い合わせください。

本サイトは、他の事業者との情報掲載の提携(当該事業者への公式サイトへのリンクを含みます)に基づき、各ローン商品に関する情報を掲載しています。これらの情報に関しましては、その最新性の確保に努めており、情報更新に万全を期していますが、情報の最新性を保証するものではございません。

本サイトに関し、利用者と第三者との間で紛争、トラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、株式会社エコスマートは一切の責任を負いません。

金融商品のお申し込みについては、ご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。

株式会社エコスマート
  • 生命保険 代理店登録番号 04FCAAC012153
  • 損害保険 代理店登録番号 21725019074
  • 少額短期保険 代理店登録番号 035015002329

このページの先頭へ