カードローンとは借金するためのカード!使い方や利用計画の立て方などわかりやすく解説

mikasa_ico

カードローンとは何なのか、使ったことがないと、よくわからないですよね。

カンタンに言うと、カードローンとは借金するためのカードです。

そうなると、具体的な使い方や、テレビCMなどで言われる「ご利用は計画的に」の「計画」の立て方などが気になりますよね。
この記事で、くわしく解説します。

カードローンってどんなサービス?

よく知らない人からすると、「カードで支払うサービス」と考えてしまうでしょうが、それは違います。カードローンとは、ATMに専用カードを挿入して、お金を借りることができるサービスなのです。

ATMの操作自体はカンタンで、キャッシュカードをつかって預貯金を出し入れすることと大差ありません。

そうなると気になるのが、肝心のATMはどこにあるのか?ということ。実は、皆さんも毎日カードローンが使えるATMを見ていると思います。なぜなら、カードローンはコンビニに設置されているATMでも使えるから。

なぜ、カードローンがコンビニのATMで使えるのかというと、シンプルに発行元と銀行が提携しているからです。考えてみてください。普段使っているキャッシュカードも、その銀行以外のATMで使えますよね?カードローンも一緒です。

要は、カードローンの発行元と提携しているATMなら、どこでも借入・返済ができるということ。

普段ATMで利用するときに複雑な手続きは不要

確かにカードローンを初めて利用するときは、審査や契約などの手続きが必要になります。しかし、普段ATMで利用するとき、そういった面倒な手続きは基本的に必要ありません。

なぜなら、カードローンというのは、クレジットカードみたいに「枠の範囲内では自由に利用できるサービス」だからです。クレカも、使うたびに面倒な審査はありませんよね?構造的には、それと一緒です。

例えば、50万円の枠がある場合、その範囲ならいちいち審査を受けなおしたりする必要なく借入・返済できます。つまり、カードローンは非常に手軽な「お金を借りる手段」なのです。

利用できる金額は人それぞれ

次に気になるのは「どれくらいの枠がつくのか?」ということですが、これは審査で決まるので人それぞれとしか言いようがありません。
そもそも、枠…つまり利用可能限度額というのは、個々人の「返済能力」に応じて決まるものです。
その「返済能力」とは何か?ですが…これは、文字通り「借りたお金を返済できる力」のこと。
カードローン会社は、顧客の収入状況とか、他社からの借り入れ状況とか、家賃負担とか、いろいろな要素を加味して返済能力を見極めています。

この「返済能力を見極める」ために行われるのが、審査です。要は、カードローンの枠は「金融機関から見て、ちゃんと返済できるだろうと考えられる金額」を設定されるということなのですね。
とはいえ、その金額にも上限があるので、次項で説明します。

年収の3分の1を超える金額は借りられない

これはお金の借入れに関する基礎知識なのですが、カードローンの発行元である消費者金融やクレジットカード会社は、法律で「顧客の年収の3分の1を超える貸し付けをしてはいけない」と定められています。このルールのことを、総量規制と言います。

では、総量規制とは何か?簡単に言うと、「個人が借りられる金額に上限を設けたルール」です。その上限というのが、年収の3分の1なのですね。

なぜ「年収の3分の1」なのかというと、このボーダーラインを超えてお金を貸してしまうと、お客さんが破産する可能性が高くなると考えられとるから。要するに、お客さんを破産させるほどお金を貸しちゃだめだよ、というルールなのです。

複数社から借りる場合は合計金額が年収の3分の1以内になる

何社も同時に契約すれば、総量規制のボーダーラインよりも多く借りられるのかと考える人もいるでしょうが、それは無理です。なぜなら、総量規制というのは、読んで字のごとく「個人が借りられる金額の総量を規制しているルール」だから。

つまり、2社以上からお金を借りる場合、その合計金額が年収の3分の1を超えることがないってことなのです。

そもそも、「年収の3分の1」というのが借入1件ずつに対する上限だと、結果的には無限に借入できるようになってしまい、規制する意味がなくなってしまいますからね。だから、すでにお金を借りている人については、その分だけ新たに借りられる金額は少なくなるのです。

例えば、あなたがアコムから30万円借りてるとします。その状態でアイフルに借入を申し込んだ場合、どれだけ多くても53万円を超える枠はつけてもらえません。

「いくら借りれるか」ではなく「いくらまでなら返済できるか」が重要!

そもそも、年収の3分の1というのも、一般的には大きな金額と言えます。借りられるだけ借りるスタンスでいると、あっという間に枠を使い切って返済できなくなってしまうでしょう。

そうなったら、破産待ったなし。

無理な借入をして生活を圧迫しないためにも、カードローンを使うときは「あくまで返済できる範囲での利用」を心がけてください。
さて、返済のことに触れたので、次項では「カードローンの金利」について触れておきましょう。

カードローンの金利は高いの?低いの?

結論を言ってしまうと、高いです。もちろん、高い・低いってのは「AよりBの方が高い」という具合に相対的に評価するものなので、一概に言えるわけではありません。

では、何と比べて高いのか?それは、住宅ローンとかマイカーローンといった「他ローン商品」です。

例えば、車関連の費用として使える「マイカーローン」ですと、金利は高くても6%程度が相場になっています。一方、カードローンの金利は年18.0%が相場なので、どうしても高いと言わざるを得ません。

そうなると、なぜカードローンの金利がそれほど高いのか?気になりますよね。

カードローンは貸付金額が少ないから金利が高い

順を追って説明すると…そもそも、ローンというものは、「今手元にないお金を用意する」というサービスです。
サービスには、必ず利用料というものがありますよね?

金利(利息)は、要するにローン商品の利用料なのです。

しかし、10万円借りたときの利用料と100万円借りたときの利用料が同じだと不平等ですよね?だから、利用料は金利という割合(利率)に基づいて算出されるのです。

ここで重要となるのが、貸し手にとっては、この金利こそが利益になるということ。例えば、金利1%で100万円の貸付をしたら、貸し手にとっての利益は1万円くらいのもの。
では、10万円を金利1%で貸付したら?利益はたったの1,000円です。

これでは、貸し手としても商売あがったりですよね。

つまり、ある程度の利益が得られないことには、貸し手としても仕事にならないのです。ローン商品というのは、金額が大きければ多少金利が少なくても利益を得らますが、金額が少ないと金利を高めに設定しないことには利益にならない商売なのですよね。

そんなわけで、金額が大きいローンほど金利は低くなるし、反対に金額が小さいローンほど金利は高くなります。カードローンは、他ローンと比べるとかなり貸付金額が少ないので、必然的に金利が高くなってしまっているのです。

「ご利用は計画的に」の「計画」はどう立てるの?

簡潔に答えを言ってしまうと、返済シミュレーションを使えばOKです。そもそも、「ご利用は計画的に」という言葉は、「ちゃんと返済できる範囲で借りてね」という意味です。
返済シミュレーションを使えば、その「返済できる範囲」が簡単に確認できます。

その返済シミュレーションとは何か?借入金額や金利などを入力することで「毎月の返済額」や「完済までの期間」を試算できるツールで、カードローンの公式サイトにはかならず用意があります。

無料で何度でも利用できるツールなので、ぜひ試してみてくださいね。

ちなみに、返済シミュレーションを使った具体的な計画の立て方(返済できる範囲の確認方法)ですが、以下の通りとなります。
返済にまわせる金額(毎月手元に残るお金)を確認
返済シミュレーションに希望の借入金額を入力
月々の返済額を確認
STEP1の金額より少なければ問題なし
この手順で確認したとき、希望している金額が「返済できる範囲」を超えていたら、カードローンの利用は見送った方が良いかもしれません。カードローンは、あくまでも借金するためのサービスです。

返済の目途が立ってないうちは、安易に利用してはいけませんよ!

計画が立ったら申込!

十分に返済していけるだけの目途が立っているなら、ぜひカードローンを利用してみてください。以下の3社なら、対応もスピーディーでサービスも充実しているので、おすすめですよ♪

WEBから申込で最短25分で融資!

アイフル

今回紹介するなかで、特にスピーディーなのがアイフル。

WEB申込した方なら、最短25分でお金を借りられますので、急ぎの際は特におすすめ。

もちろん、バイトやパートで安定収入があれば、主婦や20歳以上の学生でも申込み可能です♪

審査通過率 ★★★★★ お勧め
融資スピード ★★★★★ 業界最速レベル。WEB申込で最短25分。
無利息サービス ★★★★★ アイフルも当然、30日間無利息となっています。
アイフルと甲乙つけがたいのがプロミス!

プロミス

アイフルの次にお勧めなのが、こちらのプロミスです。

最短30分で借りられるので、アイフルとはそれほどの差がありません。

若干、プロミスの方が金利が安いこと、それから女性専用の窓口を置いているところが評価されているポイントですね。

審査通過率 ★★★★★ お勧め
融資スピード ★★★★★ 最短30分
無利息サービス ★★★★★ 初めての人に限り30日間無利息!
業界トップクラスの知名度

アコム

アコム

アイフル・プロミスに比べると若干手続きに時間がかかるアコムですが、それでも最短1時間あれば借りられます。

「明日までにお金があればいい」といった方は、ぜひこちらも検討してみてください!

審査通過率 ★★★★★ お勧め
融資スピード ★★★★★ 審査最短30分。借り入れまで最短60分。
無利息サービス ★★★★★ 初めての人に限り30日間無利息!
サブコンテンツ

本サイトは、キャッシング及びカードローン商品等の情報提供を目的としております。各金融事業者との契約締結における代理や媒介、斡旋をするものではありません。

本サイトを運営している株式会社エコスマートは保険代理店業であり、各ローン商品に関するご質問については、内容により回答できかねます。商品やサービス等に関するご質問は、各金融事業者へ直接お問い合わせください。

本サイトは、他の事業者との情報掲載の提携(当該事業者への公式サイトへのリンクを含みます)に基づき、各ローン商品に関する情報を掲載しています。これらの情報に関しましては、その最新性の確保に努めており、情報更新に万全を期していますが、情報の最新性を保証するものではございません。

本サイトに関し、利用者と第三者との間で紛争、トラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、株式会社エコスマートは一切の責任を負いません。

金融商品のお申し込みについては、ご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。

株式会社エコスマート
  • 生命保険 代理店登録番号 04FCAAC012153
  • 損害保険 代理店登録番号 21725019074
  • 少額短期保険 代理店登録番号 035015002329

このページの先頭へ