台東区・上野駅徒歩 徒歩5分。出張相談・無料相談で保険のお悩み解決!

保険の見直し:ご相談ケース

case1.第2子出産を機に保険を見直す(まんがで解説)

二人目の子供が生まれたけど、保険は以前のまま。万が一の時の保障が充分かどうか心配...
case1.第2子出産を機に保険を見直すまんが
家族構成

夫の死亡保障が200万円ではかなり不安...

上記の例では、夫の死亡保障は会社で加入している団体保険の200万円だけ。妻が専業主婦の会社員家庭なら、夫の死亡保障は最低3000万円は欲しいところ。貯蓄額が少なめのお宅は3500万円程度あると安心です。

死亡保障を確保したいときは、掛け捨て型の定期保険がリーズナブルで合理的。より保険料のコストを抑えたいなら、死亡保障額がだんだん減っていく収入保障保険に入るのがベストでしょう。

保険未加入の二女は、なるべく早くこども保険に加入!

こども保険はお子さんの年齢が低いうちに入るほど、保険料を安くできます。こども保険なら強制的に確実に貯めることができるので、少しでも早く加入するのが理想です。2人のお子さんの教育費負担がきつくなる前に、子ども手当を利用して保険料の支払いを終えてしまうのが得策と言えるでしょう。

子どもが増えたら夫の死亡保障を見直す。貯蓄が少ない家庭ほど、保障は手厚くするのが定石です。子どもが生まれたら、なるべく早くこども保険に加入し、強制的に教育費を貯め始めましょう。

Eco保険:お問い合わせはこちら このページの冒頭に戻る

case2.マイホーム購入をきっかけに見直し(まんがで解説)

念願のマイホームを購入。最適な保障に見直し、今より保険料の支払いを減らしたい!
case2.マイホーム購入をきっかけ保険を見直すまんが
家族構成

更新タイプの保険は、更新後の保険料にも注目を!

月額保険料が段階的にはね上がるタイプの保険があります。これは、年齢が上がるほど病気やけがの可能性が高まることによる設定ですが、実際のライフスタイルにおいては、親の年齢とともにお子さんの年齢もあがってゆきますよね。

ケースごとに慎重に検討する必要はありますが、一般的には、お子さんが成人になる(自分で保険料を払うようになる)タイミングに合わせ、医療保証はそのままに、死亡保障を減額するのがセオリーです。

妻の死亡保障が高めなうえ、終身の医療保障がないのは不安・・・

夫は会社での保険加入などがあるため見直す機会が多いものですが、特に専業主婦やアルバイトの奥様は「子供のころに親にかけてもらった保険がそのまま」というケースも多いようです。親心として、子供には多めの保険を掛ける傾向にあるようですから、成人・結婚・出産・マイホーム購入など、人生の節目ごとに見直すことをお勧めします。

保証は多ければ多いほど安心ですが、現実的には、限りあるお金を適切に保険にあてていくことが必要になってきます。ライフスタイルやご要望に合わせて、適切な保険の組み合わせをご提案するのが、私共の使命です。

Eco保険:お問い合わせはこちら このページの冒頭に戻る

case3.今の保険プランが既にぴったりというケースも。(まんがで解説)

現在ご加入の保険が最適であるなら、その旨をきちんとお伝えしています。
case3.今の保険プランが既にぴったりというケースのまんが

無理な提案や、余計な保険の加入は勧めません!

保険の見直しで月々のお振り込みを抑えられる。同じ保険料で保障が手厚くなる。将来の安心感も増す。話がうますぎてなんだか怪しい…保険屋の都合で売り出し中の保険などを押し付けられるんじゃないの?とお感じになるお客様も多いようです。

わたくし共の商品は、いわば「信用」「信頼」です。自信をもってお届けしている商品を自ら傷つけるようなことは致しませんし、保険会社からの紹介手数料などで運営させていただいておりますから、「タダより高いものはない」なんてこともございません。間接的ではありますが、無料相談にもきちんと利益が発生していると言うことができます。

是非、ご安心の上ご相談ください。保険のプロが、安心できる未来をお届けします。

Eco保険:お問い合わせはこちら このページの冒頭に戻る

case4.出張相談も承っております。(まんがで解説)

ご自宅や、ご希望の時間・場所でのご相談も承っております。
case4.出張相談も承っているEco保険のまんが

まずは、ご加入の保険が適正かどうかの「チェック」から。

保険の見直しや変更と考えると、ご用意いただく資料も多くなり、気構えてしまうという方も多いでしょう。そのうえ、店舗まで足を運ぶとなると、重い腰がなかなか持ち上がらないというお客様も多いようです。そこで弊社では、出張ご相談をご用意いたしました。

見直しや変更を前提にしてしまうと気が重くなるものです。また、いきなり他人を自宅に上げることに抵抗を感じる方もおられるでしょう。まずは最寄りのカフェなどにお呼びつけいただき、気軽に現在ご加入の保険のチェックからはじめてみませんか。保険のプロといっしょに契約内容の再確認をするだけでも、大きな安心につながります。

case.3 でも申し上げた通り、保険の追加や変更を迫ったりは致しませんし、現在ご加入の保険が適正であることがわかれば、それをお伝えすることでお客様に安心を感じていただく、それが私たちの仕事です。是非、気兼ねなくご相談ください!

Eco保険:お問い合わせはこちら このページの冒頭に戻る

Eco保険:5つの特徴

保険の見直し:Eco保険のお問い合わせフォームはこちら
このページの冒頭に戻る

Eco保険では、本当に必要は保険をご案内しています。

保険のプロフェッショナルが、あなたのライフスタイルに最適なプランをご提案します。 Point1:保険の基礎知識についてはもちろん、現在ご加入の保険の見直し等、幅広くご相談いただけます。 Point2:エコスマートの「エコ保険」は、数多くの商品を取り扱っており、その中からお客様に最適なプランをご提案しています。
ほけんのショップ「Eco保険」お問い合わせフォーム
このページ冒頭に戻る